電気工事が必要なトイレリフォーム

トイレリフォームと聞くと、トイレ内の内装を変えたり便器を新しいものにする工事というイメージが多くの人の持つイメージでしょう。男性や女性によって使い勝手の良さも違います。リフォームのケースによっては、追加で必要な工事が出てきてしまうケースもあります。トイレの交換など選んだリフォームによってどのような工事が必要か、しっかり把握しておきましょう。

■和式から洋式への変更


近年、男性でも女性でも洋式を好む方が増えています。トイレリフォームで和式から洋式に変更をする場合は、電気工事が必要にな場合があります。和式の場合は電源等がなくても大丈夫ですが、洋式で温水洗浄便座などを付けるとなると、使用するのにコンセントが室内になければいけません。そのため、電気工事をリフォームと一緒に行う必要があります。既にトイレが洋式で電源がある家庭では関係のないケースですが、和式から洋式のトイレリフォームをする場合は、注意しておきましょう。



■電気工事に対応していない業者も

トイレのリフォームを請け負っている業者は多くあります。しかし、電気工事も必要なリフォームになる場合、水道工事店などが行うリフォームでは電気工事に対応することができないケースもあります。工事内容によって必要な工事を理解した上でどの業者を選ぶのかも考えなければいけません。すべての工事を1ヶ所に任せたい場合には電気工事にも対応してくれる業者を選ぶとスムーズに工事ができます。



■まとめ
水周りの工事だからといって、水道関係の工事のみとは限りません。トイレリフォームの中には電気工事が必要になってくるケースもあるので、自分が思い描くリフォームにはどのような施工が必要になるのかを事前に確認しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ