壁紙のトイレリフォームの注意点

大規模なトイレリフォームを行う場合は、タンクやウォシュレット 水漏れなどの原因により壁紙の張り替えなど大掛かりなものになることも少なくありません。トイレ内が全体的に古くなってきていて壁紙ごとリフォームをするときにはどのような点に気を付けるべきなのか知っておくことをおすすめします。

■汚れの目立つものはNG

トイレ内の壁紙には、気づかないうちに尿などが飛び散ってしまうことがあります。特に汚れが目立ちやすいような白色のものになると、尿がシミになってしまいすぐに汚れが気になってしまうこともあります。汚れが染み込まないタイプのものなら、尿が飛び散っても安心ですが、そうではないもので汚れがつくとすぐに目につきやすいような壁紙はリフォームの際には選ぶのを避けた方が良いでしょう。また湿度に弱い壁紙も、水周りであるトイレでは使用するのを避けた方が良いでしょう。

■トイレの広さと費用

トイレの壁紙を替える際の費用は、壁紙自体のグレードによっても変化します。トイレの面積によって貼る長さが変わるため、広さを把握しておくと、壁紙を選ぶ時に費用がどれくらいになるのか分かりやすくなります。頻繁にメンテナンスする場所でもないので、実用性と見た目の両方を重視して選ぶのがベストです。




■まとめ
トイレリフォームで壁紙選びを失敗してしまうと、使用してしばらくたってから不便さを感じるようになることも少なくありません。ウォシュレットがついているトイレは電気を使用しているため工事がしにくくなる場合もあります。そんなことが起こらないようにするためにも、いくつかの注意点を意識してリフォームをしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ