トイレリフォームでトイレの交換をする際のタンクのおすすめ

トイレ つまりや排水管 水漏れなど修理が必要になった際に、修理だけではなくリフォームを考えることもできます。トイレリフォームをする際に、便器ごと新しいものに変えるとなった時には便器のタンクや排水などについても着目してみましょう。どのタイプのものを選ぶかによってトイレリフォーム後のトイレの雰囲気も大きく変わってくるでしょう。

■タンクありのタイプ

ひと昔前まで、ほとんどの家庭で使用されていたのがロータンクと呼ばれるものがついているタイプの便器です。低い位置にタンクがついていて、さらに細かく分類すると隅つきのものと密結型のものに分けられます。この2つは形状こそ違うものの、水を流すときの仕組みは同じものでほとんどの人が便器と聞くとこれらのタンクが付いたものをイメージするでしょう。




■ついていないタイプがいい?

トイレリフォームでトイレの交換をする際には、思い切ってタンクレスのものを選ぶのがおすすめです。このタイプに交換するメリットというのはいくつかあります。まず無駄なスペースをとらないことによってトイレの空間がより広くなるという点です。さらに掃除もしやすい形状になっていることや、水を連続で流すことができるなどのメリットもあるので、トイレの交換をする際にはそういったメリットがあることを考慮した上でどのタイプを選ぶのか決めると良いでしょう。排水管などが見えずオシャレなものもあります。



■まとめ
トイレリフォームをこれからする人は、トイレの交換をするのであればタンクレスにするか従来のものにするのか、メリットなどを比較した上で決めていくことによって、より満足度の高いリフォームをすることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ