トイレリフォームと便器の知識

トイレリフォームをする人が、特にリフォームすることが多い箇所の1つが便器です。同じものを使い続けていた場合、故障してしまったり老朽化によって交換を必要とすることが多いです。また、リフォームの際には床の張替えも必要になります。そんなときのための基礎的な知識を知っておきましょう。

■現在使用中の形状

トイレリフォームで便器を交換するとなった時に現在使用しているものの形状がどれに当てはまるのかから確認していいましょう。特にほとんどの家庭で使用されているのが一般洋式便器と呼ばれる形状のものがほとんどです。三角タンク式のものは、特にトイレスペースが狭い場合などに使用されることが多い形状で、タンクの部分が三角になっています。使用しているところは少ないですが、和式便器もあります。和式の場合でもリフォームの際に洋式に変更することが可能です。


■排水タイプ

排水の形式によっても、選べる便器のタイプが異なります。一般的な排水方式とされているのが床排水というタイプのもので、排水する際に床の方に向かって排水を行います。そしてもう1つのタイプが壁排水です。このタイプでは便器の後ろの方に太い排水管が通っていて、壁方向に向かって排水をします。便器を交換するときは、排水タイプによって選べるものと選べないものがあるので注意しましょう。



■まとめ
トイレリフォームで便器を交換する時は、現在使用している環境によって取り付けられるものとそうでないものに分かれます。まずは、自分の家の現在の状態を把握することから始めてみると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ